よいねこのウェブメモ

写真とロードバイク(MERIDA SCULTURA700)とグルメ記事を気の向くままに。アルコールが燃料。

STIレバーの握りしろ(リーチ)を調整!5分の調整で下ハン時のブレーキが楽になる!

投稿日:

たまに下ハンを握る機会があるのですが、その度に「下ハンを握ると、ブレーキに指が届かないんだよなー」と感じてしまい、可能な限りブラケットを持つ様に乗り続けて早1年が過ぎました。
これを山口の方言だと「下ハン握っちょったら、ブレーキに指がたわんのよね」と言います。

ぜひ覚えてください。

納車して一定時間以上乗ったことのある方であれば、これまでに下ハンを握った経験が、多少なり有るのではないでしょうか。

そんな時、「下ハンを握った時にブレーキまで指が届きづらい、あるいは遠い」と、感じたことはありませんか?
私も、そのうちの1人でした。

指の長さは標準的だと思いますが、それでもしっかりと指を掛けることができないのです。

実はこのリーチ、つまりブレーキの握り幅ですが、ボルト一本だけで簡単に調整することが可能です。

ということで、思いのほか簡単に調整出来てしまったので、纏めておきたいと思います。

対象は「STIレバー」ということで、SHIMANOに限ります。
SRAMや寒波さんはまた異なった感じだと思いますのでご注意ください。

本記事はSHIMANOから公表されているディーラーマニュアルに記載されている内容を元に作成しています。
ディーラーマニュアルは、自転車安全整備士/自転車技士等の専門知識を有している方を対象としたマニュアルです。
この記事の内容を元にご自身でメンテナンスする際には、自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク




下ハンを持つとブレーキが遠い?

冒頭のとおりで、下ハンを持つとブレーキがとても遠く感じる方は多いのではないでしょうか。

特に、男性と比べて、女性は手も小さい方が多いと思いますので、より一層遠く感じるのではないかと思います。

そもそも完成車を購入したときに「ブレーキの握り幅はどうですか?握りやすい様に狭くしますか?」とか、「アジャスト機能があるので、ブレーキまで届きにくかったら持ってきてください」なんて言われた覚えは全くありません。

知らなかったのは私だけかも?と思ったのですが、Twitterでつぶやいたところ、そこそこ反応がありました。


つまり、「ブレーキの握り幅は調整することができる」という事実をそもそも知らないユーザが多いのだと思います。

調整可能なSTIレバーと調整方法

調整可能なSTIレバーは、下記の通り。
Tiagra以上のグレードに限定されている様です。
  • ST-9001/ST-9000(DURA-ACE)
  • ST-6800(ULTEGRA)
  • ST-5800(105)
  • ST-4700/ST-4703(Tiagra)

私が乗っているSCULTURA700のコンポは105系で全統一されているため、対象のSTIレバーに含まれます。

また、グレードによって、ネジの調整方法が異なるので、注意が必要です。
グレード 3㎜
(-)ドライバー
2㎜
アーレンキー
DURA-ACE ×
ULTEGRA ×
105 ×
Tiagra ×

上位グレードであるデュラ、アルテは、「3mmのマイナスドライバー」で調整する事が可能。
私が使用している105(ST-5800)以下のグレードは、「2㎜のアーレンキー」で調整する事が可能です。

それぞれで必要な工具が異なるので、ご自身のSTIレバーに合うものをチョイスしてくださいね。
必要な工具を用意したら、実際の作業です!


リーチを調整

まずは、ブラケットカバー(STIレバーフード)の先端をめくります。

むき出しにした箇所に穴が開いていて、中に調整するためのネジが確認できます。

このネジを左右に回すことで、リーチが調整できる仕組みです。

時計回りに回す(絞め込む)と握り幅が狭く反時計回りに回す(緩める)と握り幅が広くなります。

今回は握り幅を狭くしたいので、時計回りに絞めるのが正解です。

調整前はこのくらい。

そして調整後です。
若干写真の撮り方が悪く見づらいですが、調整前と比べ、指が届く範囲が違っています。

握ってみると、数センチとはいえその差は歴然。

実際に下ハンを握って走ってみましたが、とてもブレーキが握りやすくなりました!

その後、ダウンヒル時にも試しましたが、特に問題なさそうです。

今後続けてみて、ダメそうだったら、また報告したいと思いますw

さいごに

あまり認知されていない、ブレーキの握りしろ調整方法。

こういった「知ってて得する」系の話がまだ他にもあるかもしれませんね。
(そんな内容があれば、ぜひ教えてくださいw)

そして、上記の調整後はブレーキが効くかどうかを必ずチェックしてくださいね!

急こう配を下る時や、荒サイの強風(荒川峠w)を走る時など、下ハン握って走りたいタイミングが多々あると思います。

握ってみて「遠いなぁ」と思ったら、ぜひご自身で調整するか、馴染みのショップにもっていってみてください。

ーー
↓日々楽しく乗っています。クリックして応援お願いします!↓
blogmura
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!

1

先日の記事にも書きましたが、Garminのvivosmart HR J、Edge520Jを入手しました。 開封の儀だけでは面白くないので、今回は1週間以上使ってみた後のインプレを含めて書きたいと思いま ...

2

最近、週末の天気が良くないですね。 先週末も、4月最初の日曜日、気温も高くなると言う事で期待していたのにorz (夜桜は写真を撮りに行ったけど、結局Sculturaと一緒に撮れていない・・・。) そん ...

-サイクルコラム, ロードバイク
-,

Copyright© よいねこのウェブメモ , 2017 AllRights Reserved.