よいねこのウェブメモ

写真とロードバイク(MERIDA SCULTURA700)とグルメ記事を気の向くままに。アルコールが燃料。

ジェット船で輪行して伊豆大島1周ライドへ!LAUMIに続きまさかのDNF

投稿日:2016年5月27日 更新日:

r_DSC00641 ロードに乗り始めて数か月。
100㎞くらいであれば並みに乗りこなせる様になりました。

そこで以前から考えていた、ロードバイクで伊豆大島1周を果たすべく、GWに1泊2日のプチ旅行に行ってきました!

伊豆大島は伊豆半島の南側に位置していて、1周がおよそ45㎞ほどの小さな島です。

周長自体は長くないですが、非常にアップダウンが多いのも特徴です。
平坦好きにとっては辛いですが、高台などから見る景色には毎度ウットリします。

そんな伊豆大島が、私は大好きです!

まずは当日の朝のお話から書きますが、2日目は走ってませんorz
走れなかった理由があるのです。。


スポンサーリンク



輪行モードで竹芝桟橋へ

r_DSC00555 浜松町駅で降り、竹芝桟橋へ到着
ちなみに、JR浜松町駅の北口から出ると近いです。

近いと言っても駅から竹芝桟橋までは、徒歩でも10分くらいかかります。
輪行袋を肩に担いで歩くと非常に重いので、自走できれば自走の方が楽ですねー・・・。

東海汽船の株主優待券を金券ショップなどで購入すると、運賃が35%OFF(7、8月は25%OFF)になるのでお勧めです。
往路と復路で1枚ずつ必要になりますので、2枚購入が必要ですけどねw

前回伊豆大島に旅行へ行った時にはフェリーを使用しましたが、今回はジェット船です。
r_DSC00557
輪行代1,000円を払い、タグをもらいます。

そしていよいよ船へ乗り込みます。
r_DSC00560
船の後方に、輪行を置くスペースがあります。
r_DSC00563
ここに置いて、本人は指定席で決められたシートに座って、島へと向かうというタイプ。
イメージ的には飛行機w

r_DSC00568 船の中で簡単に朝ごはんを済ませます。
現地に到着してもコンビニとかが無いので、竹芝近くのファミマなどで買っていくことをオススメします。

伊豆大島に到着!

r_DSC00578 伊豆大島に船で行くと、岡田港と元町港のどちらかに到着します。
今回は岡田港でした。(そして目の前に見える激坂に絶望する・・。)

周りにも輪行してきている人が、複数人。さすがは伊豆大島です。

輪行解除していると、島民と思われるオッチャンがじーっとこっちを見ています。やだ恥ずかしい。
そのおっちゃんが、組み立て終わった位に声を掛けてきました。

おっちゃん
これ、こんなタイヤ細くて滑らないの?

とっくん
そう見えますかw
思いのほか滑らないんですよー。
マンホールとか砂埃が溜まっている所とかだと滑りますね~

おっちゃん
おー、そうなんやぁ。
気を付けて行っておいでねー。

とっくん
どうもー!
行ってきます!


その後オッチャンは、友達にタイヤの事を熱心に説明してましたw
滑らないらしいぞ!!とかw

プレ嫁の準備も完了して、いざ走りだし。
まずは元町港にある観光協会に向かいます。
okata-motomachi
なぜ観光協会へ行くのかというと、ご存じの方も多いと思います。
伊豆大島では、以前起きた災害支援のために観光客誘致を積極的に実施しています。

宿泊を伴う旅行の場合、宿泊代金の割引を受けることが出来るのです。

そのため、まずは観光協会に行って、宿泊代金の割引を受ける申請をします!
ちなみに、身分証明証がいるので気をつけてくださいね!



道中の大島一周道路。直線が続いているので、非常に気持ちいいですw
r_DSC00597
軽い上り坂などもあったので、のんびりペースで進んでいると、観光協会に到着。
r_DSC00600
元町港にロッカーが有ると言う事で荷物を預けたかったのですが、どうやら夕方には入口が施錠されてしまうそうで。
結局先に荷物を預ける事にしました。

ホテルへ荷物を預けに向かう

r_DSC00611 オイ坂ァァァァァァアアアアア

ホテルへ荷物を預けるべく、こんな坂を上り続けます。


ちなみに、今回もお邪魔するのはホテル&リゾート マシオさんです。


ここ、高台にあって景色が綺麗なんですよねー!
しかも、3部屋しかなく静かで、貸し切り浴場が使えたり、ご飯がめちゃくちゃ美味しかったり、本当にオススメです。

ちなみに、ホテル前には激坂が待ち構えていますので、坂好きの方は是非試してみてくださいねww
r_DSC00626
私も、プレ嫁のにリュックを抱えながら登ります!
r_DSC00630 キツいけど楽しいいいい!!!
実は坂好きなのかな…。


思った以上のアップダウンに体力を持っていかれるプレ嫁

プレ嫁のライフは0よ!となりかけていたので、元々は時計回りルートに行く予定だったルートを変更。

通常ルートでも行けるかもしれないけど、無理して翌日に響いたらイヤですしね。
反時計回りで、とりあえずバームクーヘンを目指す事にしました。

今ではこの時に、この判断をして本当によかったと思ってます・・・。



バームクーヘン到着!

r_DSC00641 直前の下りでカナブンがアイウェアにぶち当たるイベントがありましたが、とりあえず無事到着w
ほんとにアイウェア大事ですわ・・・。

時計回りに回るとこのバームクーヘンへ繋がる下りの前に、長い登坂区間があります。
結構キツいです。

前回伊豆大島に来た時は車で通過しただけだったので、止まって記念撮影!
r_DSC00647
アスファルトを何故入れたのかと、構図に少し後悔してますorz


ここで引き返そうかという話も出ましたが、折角なので波浮港まで向かう事にしました。
r_DSC00654 こんな感じのワインディングを進んでいきます。
なかなかワクワクしますね!

食事処などが集まる波浮港へ

r_DSC00663 バームクーヘンからいっとき走っていると、クダッチという交差点があります。

ここを入っていくと、波浮港に繋がっているのです!

r_DSC00667 波浮港は完全に湾になってます。
外からグルーっと回って端の方まで行くと、色々なお店が集まっている所に到着します。

r_DSC00678 いわゆる漁港ですね。

r_DSC00680 小さな商店街みたいになっています。
このパリ・ルーベ(石畳)区間を抜けていくと、コロッケの鵜飼商店さんなどがあるんです。

r_DSC00683 鵜飼商店さんのお店の中です。
色々な著名人のサインがズラーーーっと。

それにしても、コロッケ65円てw 安すぎますw
しかも、味は文句なしの一級品です。更に揚げたて。
r_DSC00684
島に行った時には必ず訪れる様にしたいです!


ここでまさかの悲劇到来

ここまでは割と順調でしたが、ここでまさか(?)の事態が発生。

実はGW序盤に、群発頭痛がまた発現していたのです。

以前記事にしましたが、発作が来ると死にたくなるほどの痛みに襲われる事から、自殺頭痛とも言われます。



コロッケを食べて満足していると、ここでまさかの発作が発現。
朝から調子が良かったのに・・・。

直ぐに対症療法薬を使いましたが、一向に収まらず・・・。
あまりにも痛く、動くこともままならなかったのですが、鵜飼商店の方が使っていない店舗スペースを貸してくださりました。

ここで小1時間休んでいたら、マシオさんのご主人に連絡までしていただき、迎えに来ていただくことになりました・・・。
本当に情けないやら申し訳ないやら。

朝から夕方まで安定してたからなのか、夜に掛けて痛みが弱くなることは有りましたが、無くなることはなく。
翌日も結局、走ることが出来ませんでした。


プレ嫁とマシオさん、そして鵜飼商店さんにはとてもご迷惑をお掛けしてしまい、非常に申し訳なく思っています。
(後日、お世話になったお礼と事情説明のお手紙を書き、菓子折りを送りました)


さいごに

無理はいけませんね。無理は。

1周できなかった事や、2日目はピーカン晴れだったのに走れなかったこと、サンセットパームラインに行けなかったことなど・・・。
考えても考えても、本当に悔しい旅行になりました。

群発頭痛が来るタイミングが最高に空気読めてません。
むしろタバコやめて生活習慣も改善して適度な運動もしてるから、絶対こないと思ってました。。

とはいえ、こればっかりはどうしようも無いので、またリベンジしたいと思います。
ぐ〜〜〜 悔しい〜〜〜〜〜

そういえば、観光協会がサイクリスト向けの宿泊施設を公開していました。
これから行く方は、参考にしてみてくださいね。


--
DNFが続いてますが、次は大丈夫なはず・・・!
頭痛期間も終わったので、ガッツリ乗ってます!応援宜しくお願いします!
↓ブログ村のランキングに参加しています↓
blogmura
にほんブログ村

今回のライドメモ

走行距離:25.6km
ウェア(上):半袖ジャージ+指ぬきグローブ
ウェア(下):レーパン+レッグウォーマ


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!

1

先日の記事にも書きましたが、Garminのvivosmart HR J、Edge520Jを入手しました。 開封の儀だけでは面白くないので、今回は1週間以上使ってみた後のインプレを含めて書きたいと思いま ...

2

最近、週末の天気が良くないですね。 先週末も、4月最初の日曜日、気温も高くなると言う事で期待していたのにorz (夜桜は写真を撮りに行ったけど、結局Sculturaと一緒に撮れていない・・・。) そん ...

-ライド, ロードバイク
-

Copyright© よいねこのウェブメモ , 2017 AllRights Reserved.