よいねこのウェブメモ

写真とロードバイク(MERIDA SCULTURA700)とグルメ記事を気の向くままに。アルコールが燃料。

【ガーミン】Edge 520J!心拍やケイデンス、地図など表示可能な高性能サイコンのインプレ【Garmin】

投稿日:2016年4月24日 更新日:

r_DSC00483 先日の記事にも書きましたが、Garminのvivosmart HR J、Edge520Jを入手しました。

開封の儀だけでは面白くないので、今回は1週間以上使ってみた後のインプレを含めて書きたいと思います。

ちなみに、私が購入するサイクルコンピュータ、通称サイコンとしては初のサイコンになります。

最初はキャットアイにしようと思っていたのですが、どこかで見かけどうせ皆ガーミンを買うという言葉に後押し(?)を受け、購入する意思は固まってました。
プレ嫁、お返しとはいえありがとう!!!

ちなみに、先にお伝えすると、使用感サイコー!!!しっかりと作りこまれたサイコンですw


→指輪のお返しとして一緒に買ってもらったvivosmart HR Jのインプレ記事はこちら。
Edgeとセットにすることで、乳バンド不要で心拍数の計測が出来ます!


スポンサーリンク




Garmin Edge520J

スピード、心拍、ケイデンス測定用のセンサが付いたモデルと、付いていないモデルがあります。
値段の差は、およそ15,000円くらいですね。

私はこれまでGarminユーザでもなく、POLARなど他メーカのサイコン、計器類も使用したことが無かったので、センサー付きのモデルにしてもらいました。


r_DSC00110 なんというか、開梱一番商品ドーンは、iPhoneやMACを開封した時の様ですw
最近流行りなんですかね??

r_DSC00112 ワチャワチャとケーブル類が同梱されています。
ご覧ください。真ん中上部に見えるのが、かの有名な乳バンドにあらせられます。

r_DSC00121 ちなみに、スピードセンサーは新型で、後輪・もしくは前輪のハブに巻きつけるタイプです。

通常、キャットアイなどのサイコンでは、スピード計測に磁石を使うため、スポークに磁石を付ける必要があります。

しかし、Garminの新型スピードセンサーは加速度センサーにより計測するため、磁石の必要がないのです!

「なんだい、磁石くらいいいじゃないか!」と思われるかもしれませんが、コレは大事です。

輪行したり清掃をしたりしたタイミングで、磁石と計測器のセッティングがズレてしまう事があります。

すると、「あれ? 距離とかスピードが出てない・・・」なんて事態になる可能性もあるのです。
だからこそ、磁気計測でない事に、大きなメリットがあるという訳です。

r_DSC00113 本体は綺麗なものです。新品だから当然かw

Edge520jには、タッチパネルが採用されていません。
サイドと手前側にボタンが配置され、マウントへハメるための突起物が裏側に付いています。

r_DSC00481 右サイドのボタン群。
ボタンは2つです。

上が決定ボタン的な奴。
下が戻るボタン的な奴です。

r_DSC00479 こちらは左サイドのボタン群。
一番使う頻度が多いと思います。

上が輝度調整ボタン。長押しによる電源ボタンも兼ねてます。
下がメニューをスクロールしたりするための上下スクロールボタンです。

r_DSC00480 正面のボタン群。

左側がラップボタン。TTなどに使えると思います。
右側が計測開始、終了ボタンです。ライド開始/終了時にはここを押します。

さて、本体に関してはこんなもので、他のことを纏めてみます。

リアルタイム表示される計測値

r_DSC00474  ケイデンス、スピード、心拍バンド(乳バンド)から転送される計測値を、リアルタイムに表示する事が出来ます。
 私の場合、乳バンドの代わりにGarmin vivosmart HR Jで心拍数を計測しています。

ちなみにこの画面はかなり自由に設定する事ができます。
予め、心拍ゾーンだけを表示するページと、サマリ情報を表示するページを作っておけば、ライド中スクロールボタンで切り替えることが可能です。

まだまだベスト設定は見つけていかないといけませんが、一応写真の配置がお気に入りで、いつもこれを使っています。

最初からついてくるステムマウント

r_DSC00483 確か、Edge 520Jだけだったかもしれませんが、通常は有料であるステムマウントが付属しています。
これは非常に助かりましたw

もちろん、ハンドルの太さに対応できるよう、中にスペーサーも同梱されています。

しかし、装着翌日に事件が・・・。

仕事の昼休み中に皇居を1周してこようとしたところ、なんとステムマウントがはずれてしまう自体に。。
原因はこいつ。
r_DSC00484
そう、ネジです。当たり前と言われて当然かもしれませんが、こいつがちゃんと締められてませんでした。
というか、反対に突っ込んでました・・・。

皆さんもお気をつけ下さいw

Bluetoothでのスマホ接続

初回のペアリングを完了させておけば、電源をいれるだけでスマホとペアリングしてくれます。
また、ペアリングしている状態で、コースやファームウェアの更新などを転送する事ができます。

ペアリングしている状態でライドの記録を保存すると、Garmin Connect上に自動アップロードされるという優れもの!
そして、Garmin Connect上からStravaと連携する設定をしておくと更に便利になります。

Edge520J側で記録のスタート/ストップして保存すると、Garmin Connectへスマホを通じて自動アップロード。
そのデータがGarmin ConnectからStravaへ自動アップロードされる、というルーチンが完成します。

これには大変助けられてますw

ちなみに、BTペアリングされていない状態で保存した場合には、当然ですがGarmin connect上にアップロードはされません。
ただし、次回ペアリング時に過去情報もちゃんと同期してくれるので、ご安心ください!w

ルートを事前に移してナビ代わりに

これも欲しかった機能の一つです。
Edge520Jには、ルートを表示する機能があります。

Garmin Connect上で引いたルートが使えるほか、ルートラボで作成したルートなんかも使う事が可能な様です。

しかし、標準のマップだと白い地形とおおまかな地名しか分からず・・・。
ナビというには余りにもお粗末な状態です。

そこで、標準のマップをOSM(Open Street Map)に置き換えることで、実際のカーナビの様な地図へと変更します。
これがなんとも便利なのです。


[17/2/8 追記]OSMのインストールの方法を記事にしました!
地図で迷っているあなた!こちらの記事もおすすめです。


r_DSC00475 まだ衛星を補足していないので、自分の矢羽に?がついていますが、画面はこんな感じ。
もちろん、縮尺を変える事も出来ます。

実際、後日ライドに行く際に使ってみましたが、かなり使える!

ただし、OSMの書き換えについてはメーカー保証の対象外となることもあると思いますので、実施については自己責任でお願いします。

有志でOSMを作成されている方のページはこちら。



左右のボタンが硬い

もちろん、良い事ばかりではありません。
といっても、改善したらいいなぁくらいの軽い気持ちの不満ですw

なぜか、左右のボタンが硬い。
走りながらページをスクロールする時など、ちょっと力を入れる必要があります。

スタート・ストップボタンは柔らかいので、そっちと同じくらいがいいなー(ヽ´ω`)


衛星の捕捉が遅いときが有る

遅いというか、これが衛星をキャッチするシステムだと普通なのかもしれません。
しかし、カーナビ以外での衛星補足なんて、もちろん初めてですw

衛星捕捉していなくても記録する事は出来ますが、当然走ったルートは衛星捕捉後からロギングされます。

r_DSC00474 また、何故かわかりませんが、衛星を補足していないとスピードが「--.-km/h」で表示されてしまい、速度計測出来ないです。
これについては、回避策があるのか、私も知りません。。

今のところはローラー台などにも乗らないので、とりあえずそのままにしていますが、いつか分かったら記事を更新することにします。。w


(故)ライブセグメント

そうそう、目玉の機能を1つ忘れていました。

Edge 520JではStravaのライブセグメントが使えるといったな。あれは嘘だ。

流石に嘘までは言い過ぎましたが、ライブセグメントを使うには2つ必要な事があります。
1つは、事前にセグメントを転送しておかなければならない事。
つまり、「今日はこのルート走るから〜・・・お!ここのKOM取ったるかw 転送ポチッ」とする必要があります。

そしてもう1つは、Stravaプレミアム会員でないと使用することが出来ません。

買ったらそのままBT連携でセグメントを引っ張ってきてくれる、尚且つ無料で使える と思っていただけに、ちょっと残念。
ま、そもそもフォロワーも居ないですし、KOMなんて全然取れないので、そこまで必要とも思ってないんですけどね。

さいごに

Edge520Jを付けることで、様々な情報がインプットされるようになりました。
以前は「ガチっぽいし別に要らないw」とか言っていた心拍計でさえ、自分のペースの目安を測るのに使用しています。

逆にケイデンスはそこまで使わないと言う事に気づきましたw 結構、こんくらいでこんなもん みたいな感覚がついてるからでしょうね。

まだまだ使い切れていないところも有りますが、これからも遠出する時のルート表示や、正確なキロメートル表示などを基に頑張っていきたいと思います!


----
ブログ村に参加しました。
1クリックがモチベーションの種になりますので、どうぞよろしくお願いいたしますv(^^)v
↓ブログ村のランキングに参加しています↓
blogmura
にほんブログ村



スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!

1

先日の記事にも書きましたが、Garminのvivosmart HR J、Edge520Jを入手しました。 開封の儀だけでは面白くないので、今回は1週間以上使ってみた後のインプレを含めて書きたいと思いま ...

2

最近、週末の天気が良くないですね。 先週末も、4月最初の日曜日、気温も高くなると言う事で期待していたのにorz (夜桜は写真を撮りに行ったけど、結局Sculturaと一緒に撮れていない・・・。) そん ...

-サイクル用品レビュー, ロードバイク
-, , ,

Copyright© よいねこのウェブメモ , 2017 AllRights Reserved.